AdSupportFramework オファーウォール呼び出し型 v1.0

提供: GAMEFEAT マニュアル
移動: 案内検索

GameFeatSDKの実装マニュアルについては、こちらを参照してください。

コンバージョン確認タスクの起動の実装は必須です

目次

フレームワークの追加

付属の「AdSupportFramework.framework」を任意の場所にコピーします。

プロジェクトを開き、「Frameworks」を選択し、「Add Files to "プロジェクト名"」を選択します。

ダイアログからAdSupportFramework.frameworkを選択し、フレームワークを追加します。

同様にAdSupportFrameworkに必要な、以下のフレームワークをプロジェクトに追加します。

・Foundation.framework
・UIKit.framework
・CoreTelephony.framework
・AdSupport.framework(Optional)
・StoreKit.framework(Optional)

JSONKitの追加

また同梱されている下記JSONKitライブラリをプロジェクトに追加します。

JSONKit

プロジェクトが ARC アプリである場合

※JSONKitがARCに対応していないためにビルド時にエラーが発生します。

その場合には、JSONKit.mに-fno-objc-arcフラグを付ける必要があります。


プロジェクト設定からBuildPhasesタブを選択し、CompileSources中に存在するJSONKit.mを選択して、Compiler Flagsに

-fno-objc-arc

を設定してください。

それでもJSONKit.mにビルドエラーが出る場合

JSONKit.mを開き、ビルドエラーになっている箇所にマウスのフォーカスを当ててください。

Xcode上に修正すべき内容を補完してくれるので、補完内容の通りに修正してください。

AdSupportFramework SDKの有効化

起動時にAdSupportFramework SDKを有効化する必要があります。

UIApplicationDelegateを継承したクラスのヘッダファイルで

<AdSupportFramework/AdController.h>

を読み込み、applicationDidBecomeActiveに下記メソッドを追加します。

【AppDelegate.h】

#import <AdSupportFramework/AdController.h>

@interface AppDelegate : NSObject <UIApplicationDelegate> {}
@end
【AppDelegate.m】

- (void)applicationDidBecomeActive:(UIApplication *)application
{
    [AdController activate:@"メディアID" useCustom:NO useIcon:NO];
}
// 初期化コードの引数
[AdController activate:@"メディアID" useCustom:カスタム広告の使用 useIcon:アイコン広告の使用];

使用する広告の種類に合わせてBOOL(YES / NO)を引数として設定をしてください。 オファーウォール呼び出し型のみを使用される場合は、

[AdController activate:@"メディアID" useCustom:NO useIcon:NO];

と記述をしてください。

※【メディアID】は管理画面よりご確認いただけます。

※エラーが発生せずにビルドが完了すれば、 正常にSDKが追加できています。

広告一覧の表示方法

広告一覧を呼び出すUIViewControllerのヘッダファイルで

<AdSupportFramework/AdView.h>

<AdSupportFramework/AdController.h>

を読み込み、AdViewDelegateに準拠させます。


【ViewController.h】

#import <AdSupportFramework/AdView.h>
#import <AdSupportFramework/AdController.h>

@interface ViewController : UIViewController <AdViewDelegate>{}


【ViewController.m】

#import "ViewController.h"

@implementation ViewController

//=======================================================
// AdViewDelegate
//=======================================================
- (void)didShowAds{
    // ウォールが表示されたタイミングで呼び出されるdelegateメソッド
    NSLog(@"didShowAds");
}
- (void)didCloseAds{
    // ウォールが閉じられたタイミングで呼び出されるdelegateメソッド
    NSLog(@"didCloseAds");
}

広告を表示したいタイミングでshowAdsメソッドを実行してください。

実行することで広告画面がモーダルウィンドウにて表示されます。


【ViewController.m】

#import "ViewController.h"

@implementation ViewController

- (void)onClickBtn{

    [AdController showAd:self site_id:@"メディアID" delegate:self];
}

※第一引数(上記の例ではself)はUIViewControllerを継承したクラスである必要があります。

※第二引数の【メディアID】は管理画面よりご確認いただけます。

※第三引数(上記の例ではself)はAdViewDelegateに準拠したクラスである必要があります。

コンバージョン確認タスクの起動

アプリがバックグラウンドへ遷移した際に、アプリインストールのコンバージョンを確認するタスクを起動する必要があります。

UIApplicationDelegateを継承したクラスのapplicationDidEnterBackgroundに下記メソッドを追加します。

- (void)applicationDidEnterBackground:(UIApplication *)application
{
    UIDevice *device = [UIDevice currentDevice];
    BOOL backgroundSupported = NO;
    if ([device respondsToSelector:@selector(isMultitaskingSupported)]) {
        backgroundSupported = device.multitaskingSupported;
    }
    if (backgroundSupported) {
        [AdController backgroundTask];
    }
}

コンバージョン確認タスクの停止

アプリがバックグラウンドから起動した際には、アプリインストールのコンバージョンを確認するタスクを停止する必要があります。

UIApplicationDelegateを継承したクラスのapplicationWillEnterForegroundに下記メソッドを追加します。

- (void)applicationWillEnterForeground:(UIApplication *)application
{
    [AdController conversionCheckStop];
}

コンバージョン確認方法

AdSupportFramework SDKの広告一覧画面よりアプリを選択するとApp Storeが起動いたしますので、対象のアプリをインストールしてください。

インストール完了後、AdSupportFramework SDKがインストール情報を弊社サーバーへ送信いたしますので、管理画面より成果をご確認いただけます。

※管理画面の反映には10分程度かかります。

iOS6.0以上の端末の場合

開発中アプリからiOS6.0以上の端末で成果を確認する場合、AdSupportFrameworkからアプリをインストールできません。(リリース後、正常に動作いたします)

AdSupportFrameworkではStoreKitを使用してApp Storeを表示しており、Appleの仕様上StoreKitを利用したアプリのインストールはデバック環境やアドホック環境では行うことができません。

その場合、成果の確認方法は広告一覧画面よりアプリを選択後、手動でApp Storeアプリを起動し、

対象のアプリをインストールしていただくことで成果の確認を行うことができます。 

オファーウォールの起動ボタンを管理画面から追加

オファーウォールの起動ボタンを管理画面から追加していただき、アプリに表示する事が可能です。

さらにどのボタンから広告クリック、コンバージョンに至ったかまで管理画面から確認する事ができます。

オファーウォール起動ボタン入稿画面

https://www.gamefeat.net/partner_site/index/

上記ページからアプリを選択して、「ウォール起動ボタン」のタブから入稿可能です。

※GAME FEAT SDK3.2以上でご利用することができます

1.起動ボタンを追加したいViewControllerに下記のコードを追加

-(void)viewWillAppear:(BOOL)animated
{
    [super viewWillAppear:animated];

    // CGRectMakeには描画位置とサイズを指定します
    //  bootBtnTagは省略可能です。省略した場合「表示する」設定になっているボタンの中からランダムに表示します
    {
        BootBtn *bootBtn1 = [[[BootBtn alloc] init:self] autorelease];
        bootBtn1.frame = CGRectMake(110, 50, 100, 30);
        BootBtnController *bootBtnController = [[[BootBtnController alloc]init:bootBtn1 bootBtnTag:@"設置箇所コード"] autorelease];
        [self.view addSubview:bootBtn1];
        [bootBtnController addObject: bootBtn1];
    }

    // bootBtnTagを省略したパターン
    {
        BootBtn *bootBtn2 = [[[BootBtn alloc] init:self] autorelease];
        bootBtn2.frame = CGRectMake(110, 90, 100, 30);
        BootBtnController *bootBtnController = [[[BootBtnController alloc]init:bootBtn2] autorelease];
        [self.view addSubview:bootBtn2];
        [bootBtnController addObject: bootBtn2];
    }
}

2.1で追加したViewControllerのヘッダファイルにクラスをインポート

#import <AdSupportFramework/BootBtn.h>
#import <AdSupportFramework/BootBtnController.h>

URLスキームの設定

相互送客機能を使用するために、アプリに任意のURLスキームを設定してください。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
Androidへの導入
iOSへの導入 (新SDK)
iOSへの導入 (旧 GAMEFEAT SDK)
Unityへの導入方法
Cocos2dx(Android)への導入方法
Cocos2dx(iOS)への導入方法
Q&A
ツールボックス